腸内環境検査

検査でわかること
・腸内細菌叢 ・腸管上皮の透過性
詳しく調べることができる腸内環境検査

当院の腸内環境検査では、まず「食物アレルギー検査(遅発性のみor即時性&遅発性の両方)」をおすすめしています。

「食物アレルギー検査」の結果、強い反応が出ている方、多数の品目に反応が出ている方などには、下記のいずれかをおすすめします。

「腸内環境総合検査」
…腸内細菌叢や短鎖脂肪酸、消化酵素などを調べます
「腸内フローラ検査」
…腸内細菌叢を調べます

さらに詳しく調べたい方には、腸の上皮の透過性を診断する「腸管浸漏検査(尿検査)」をお勧めする場合があります。

腸内フローラ検査

腸内細菌のバランスは、消化吸収だけでなく、免疫機能などの健康状態にかかわります。自分の体調をととのえたい方に、お薦めの検査です。

この検査を受けることをお薦めする方
  • 便秘、下痢になりやすい方
  • 食生活が乱れている方
  • 疲れがとれにくい方
  • 病気というわけではないのに、体調不良がつづく方

etc

検査方法

ごく少量の便(潜血検査程度)を専用容器に採取して、検査します。
結果は、3週間程でわかりますので、医師から丁寧にご説明いたします。

検査から結果がわかるまでの期間

約3週間

検査価格
腸内フローラ検査
サプリメント指導
食事指導
¥86,400

食物アレルギー検査

自分でも気付かない食物アレルギー

健康な人の腸内には善玉菌も悪玉菌も日和見菌もバランスよく棲みついていて、その様子は腸内フローラ(花畑)とも形容されます。
ただし現代人の多くは食生活やライフスタイル、ストレスなどの影響で花畑は荒廃しています。
とくに問題視されているのが「遅発性アレルギー(IgG)」の存在です。
皆さんもよくご存知の食物アレルギーは即時性アレルギー(IgE)と呼ばれ、アレルギー源となる特定の食べ物を食べると、すぐに下痢や発疹、息苦しさに襲われますので、アレルギー源を比較的特定しやすいのが特徴です。
しかし、実はその他にもまだあまり知られていない深刻な食物アレルギーがあったのです。それが遅発性アレルギー。
食後24時間以上たってから、つまり忘れた頃にやってくるやっかいなアレルギー症状なのです。

免疫異常を引き起こす遅発性アレルギー

遅発性アレルギーには下痢や発疹といった目立った症状はなく、倦怠感や頭痛といった軽い症状なので、つい見過ごされてしまいがちです。
「人間の免疫力の8割は腸で決まる」といわれるほど、腸というのは免疫にとって大切な臓器ですが、この遅発性アレルギーは、気付かないうちに腸に慢性的な炎症を起こし、結果的にさまざまな免疫異常を引き起こします。
その結果、感染症に見舞われやすくなり、慢性疾患や頭痛、皮膚トラブルなどの原因になってしまいます。
だからこそ軽視できない存在なのです。

遅発性アレルギーはこうして起きる

遅発性アレルギーの原因としては、ストレスや間違った食習慣などが考えられます。
ストレスを受けると白血球の働きが悪くなり、腸の免疫細胞の働きも鈍くなって腸が炎症を起こしやすくなります。そこで日本人の多くは市販の胃腸薬を飲みます。すると胃酸の分泌が少なくなり、食物の殺菌や消化が不十分になります。
腸壁には食べ物を吸収するための小さな穴が開いているのですが、腸内環境が乱れるとこの穴が大きくなり、未消化の食物が侵入します。
すると、人体の免疫機能が働き、これを異物とみなしてしまいます。
異物は排除しなければならないので、抗体(IgG抗体)を作って攻撃を開始。こうして腸に炎症が起きるのです。
一般にはまだ知られていませんが、遅発性アレルギーは日本人にとても多い状態だとされています。
特に、偏食気味で好きなものだけを食べ続ける傾向にある人に発現しやすいといわれています。

96品目のアレルギー源が調査可能

血液を採取し、提携先である海外のラボで、遅発性アレルギーの検査を行います。
このアレルギーを引き起こしているかどうかは現在96品目の食品について血液で調べることができますが、小麦やグルテン、酵母、卵や乳製品がアレルギー源となっているケースが多いようです。
一生涯ついてまわる即発性アレルギー(IgE)とは違い、こちらは食生活の改善などにより治りますので、なるべく早めに検査を受けることをおすすめします。

検査から結果がわかるまでの期間
約3週間
検査価格
食物アレルギー検査 ( IgGのみ )¥35,000

エクエル

大豆を乳酸菌で発酵させて作ったエクオール供給用品です。
女性のゆらぎ期には、女性ホルモンであるエストロゲンの減少が関係しています。 近年、そのエストロゲンによく似た働きをする成分が発見されました。それが「エクオール」です。
これまでゆらぎ期の不調には、エストロゲンに似た働きをする、大豆イソフラボンが期待されてきました。
ところが研究が進むにつれ、大豆イソフラボンの恩恵を受けやすい人とそうでない人がいることが明らかになりました。そこで脚光を浴びたのがこの「エクオール」です。
「エクオール」は大豆イソフラボンに含まれるダイゼインという成分が、腸内菌の力を借り、変換されて生み出されます。
ダイゼインのままと比べ、よりエストロゲンに似た働きをすると言われています。

equelle

アルベックス

自分の乳酸菌を育て腸をケアするドクターサプリメント。
全国800以上の医療機関で採用されている無添加・100%植物性の高品質サプリです。
100年の乳酸菌研究から生まれた『アルベックス』は、選び抜かれた独自の16種の乳酸菌から生成したエキスです。
毎日の飲用で、おなかの中の善玉菌をサポートし、体内環境をととのえ、全身の健康を増進します。飲みやすい液体タイプで、植物原料のみでつくられた体にやさしい健康食品なので、どなたでも安心して続けられます。

img0114

コンプリート・バイオティック

生活習慣の変化、抗生物質や薬剤などの様々な化学物質によって腸内環境バランスが崩れると、悪玉菌が優勢の状態になります。悪玉菌が優勢になると下痢や便秘、アレルギーや感染症ひいては生活習慣病の原因にもなり得ます。
「コンプリート・バイオティック」は低アレルゲン環境下で培養した12種類のプロバイオティクスを1カプセル中に250億個以上を含有し、胃腸の健康を総合的に力強くサポートします。

コンプリートバイオテック