毛包をターゲットにした弱いエネルギーで連続照射して脱毛を施術するので安全かつ安心


なぜZEMAの脱毛器は痛くないか?

Jクリニック渋谷院で使用のZEMAは蓄熱式のダイオードレーザーですので、従来の医療脱毛レーザーとは少し異なります。

従来の医療脱毛レーザーは「パチンパチン」と輪ゴムで弾かれる様な痛みがあったのに対して、この蓄熱式のダイオードレーザーは連続照射が可能ですので、輪ゴムで弾かれるような痛みはなく、「じわじわ」と温かい感覚で毛根に対して蓄熱式で熱を込め脱毛を行っていく施術方法になります。
これは従来の医療レーザー脱毛(HR方式)がメラニン色素をターゲットにしており、高出力のエネルギーが一点に集中してしまう事によって痛みを伴っていたのに対して、ZEMAはVHR方式という弱めの蓄熱方式を採用しており、ターゲットが毛根のメラニンではなく毛包自体に熱を加えるという方式の為、一点へ集中するピーク時の出力も低く、広範囲に低いエネルギーで除々に毛包を破壊するという違いによって生まれる差になります。
また、メラニン色素ではなく毛包をターゲットにしている為、地肌の色や肌質を選ばず、日焼けしたお肌も安全にレーザー脱毛が可能です。

「痛くない」 「日焼けした肌でも脱毛可能」というレーザー脱毛施術を実現できる医療レーザー脱毛器がZEMAです。

レーザー脱毛と電気脱毛の違いは?

レーザー脱毛は電気脱毛に比べ一度に多くの範囲を照射する事が出来るため、大量のムダ毛脱毛に効果的です。
また、レーザー脱毛は「ピリッ」とする程度の痛みですが、電気脱毛は針と燃焼の痛みが強いです。
電気脱毛は毛穴の1本1本に針を入れて脱毛するので、どうしても時間がかかってしまい割高の料金になってしまいますが、レーザー脱毛は短時間での脱毛処理が可能な為、低料金に抑えられるのが特徴です。
しかも、レーザー脱毛は肌の中の毛根部分を焼くので、皮膚の表面を傷めることはほとんどありません。
逆に毛穴が塞がることになり、肌がきめ細かくなります。

レーザー脱毛と光脱毛の違いは?

光脱毛は医療用レーザー光線よりも波長が長く、光がムダ毛の毛根にまで確実に届き、 処理時の痛みは光を照射している部分が暖かく感じる程度で殆ど有りません。しかし、痛みが少ない反面、脱毛効果は弱くなります。
光脱毛はレーザー脱毛よりも安全性が高く安価で行えますが、 日本での歴史が浅く永久的な脱毛の効果が得られているかの確認ができていないというのが現状です。

エステで扱っている脱毛の多くは光脱毛ですが、副作用の事を考え弱く照射するため、あまり効果を感じる事ができないケースや逆にエネルギーが強すぎて副作用を出してしまい、その後のフォローが出来ずトラブルになることも少なくありません。
Jクリニック渋谷院で行っている永久脱毛は、医療機関の施術のみ許可された医療行為となりますので、時間にとらわれず安全かつ確実な脱毛が可能です。

痛みの弱いレーザー脱毛器ZEMA-1

痛みの弱いレーザー脱毛機ZEMA-1

痛みの弱いレーザー脱毛機ZEMA-3