効率良いレーザー脱毛の仕組み

人の体毛は伸びては抜け、また生えてくるというプロセスを繰り返します。
このサイクルを毛周期といいます。

毛周期にとらわれないZEMAの脱毛

毛は、休止期~成長期~退行期という順番で、個人差はありますが大体2~3ヶ月で生え変わっていきます。
通常、自己処理で処理できている毛は成長期と退行期の毛だけで、その数は全体の約20~30%の毛のみです。実は皮膚の下に生えるのを待っている休止期
の毛がたくさんあり、今は目で確認できなくても2~3ヶ月経つとまた生えてきます。
従来の方式による、1回の施術で脱毛効果を期待できるのは、この成長期~退行期の約20~30%の毛のうち、「成長期」の毛に対してのみ。
つまり、約2~3ヶ月に一回程度の間隔をあけて定期的に処置すると、脱毛効果が期待できるというのが従来の脱毛でした。
Jクリニック渋谷院で使用するレーザー脱毛器ZEMAはメラニンターゲットではない分成長期のしっかりとした毛が生えるのを待たなくても済みます。
すなわち効率よく 「毛周期に合わせた施術」 が可能ですので、短期間で脱毛を完了する事ができます。

様々な脱毛の種類

自己処理による脱毛
カミソリでの脱毛
手っ取り早くムダ毛を目立たなく出来る事から、カミソリを使用して脱毛をなさる方は多いと思います。
しかし、肌を切って出血したり、カミソリ負けをした経験を持つ女性も少なくないのがカミソリを使用して脱毛をする際に不安な点。
傷口から細菌等が侵入して化膿する危険もあります。また、度々カミソリで剃るのも面倒です。
毛抜きでの脱毛
カミソリと並んで脱毛の方法で多いのが毛抜きです。
ところが、表面に見えている短い毛を抜く際、毛穴周辺の組織を傷つけてしまうことがよくあります。
ダメージを受けた毛穴は、黒ずんで汚い肌に変質したり、毛穴が塞がって盛り上がったりしてしまう事もあるので注意が必要です。
脱毛クリーム
肌に刺激の強い化学薬品が大半を占めるので、お肌に直接塗布して脱毛するとお肌へのダメージも出やすく、かぶれや炎症を起こしたりしてしまいます。
ワックス
ワックス脱毛の特徴は、広範囲の毛を一気に抜き取ることができる点です。
しかし、ムダ毛と一緒に薄いうぶ毛も抜かれてしまうことから、肌への負担も必至。 肌のタダレの原因ともなります。
エステやクリニックで行える脱毛
電気脱毛
針を毛穴の一つ一つに差し込み、差し込んだ針に電気あるいは高周波を流すことで毛根部を破壊し、以後の毛の再生を妨害するという脱毛方法です。
永久的な効果が得られるムダ毛処理治療として、もっとも歴史と実績のある方法です。
針に電気を流して行われる脱毛処理は、永久性の高い治療が行われるため、確実な効果を求めるワキ・ビキニラインや レーザー脱毛で脱毛しきれなかった産毛などを電気脱毛をする、という選択が多いようです。
毛穴の一つ一つに針を差し込んでいくため、脱毛 施術中にかなりの痛みをともないます。
また、適確な施術と熟練したオペレーターによる施術が必要で、 脱毛治療にあてる期間もかなりかかってしまいます。
光脱毛
強力な白色ランプからでるさまざまな波長が混ざった光をフィルターにかけ、 ムダ毛の処理ができる波長の光を取りだし、その光をムダ毛の毛根部に照射して、 毛根と毛包を焼灼することで発毛をさせなくする脱毛方法です。
光脱毛は、脱毛するだけでなく発毛そのものも減退させますので、 脱毛の施術を受ける回を重ねるごとに、発毛しなくなっていきます。
ただ、レーザーの照射より弱いため、レーザー脱毛と比べた場合、緩やかな効果といえます。 個人差はあるものの、希望する効果までたどり着くには、施術を数回繰り返さなくてはなりません。
レーザー脱毛
黒い色素(メラニン)のみに集中する特殊なレーザー光線をムダ毛の毛根部に当てる事により、皮膚にダメージを与える事なく、毛根を燃やして毛根周辺の毛母細胞を破壊する脱毛方法です。
周囲の皮膚に反応することはないので、やけどや色素沈着の心配もほとんどありません。
現在では、費用面も安く、脱毛施術時にムダ毛を伸ばしておく必要がないこと、そして皮膚へのダメージが少ない事等の理由で、主流の脱毛法になっています。
ただ、レーザー脱毛での治療をするにあたり「日焼けをしない」「毛を抜かない」「毛を染めない」など、いくつか注意しておかなければならない点が御座います。